ワンダーラストイクイップメントのスタンドコジーを買った話。

もはや数字遊びになってる感は否めないですが、ベースウェイトの重量を意識して装備の足し引きのシミュレーションをしてます。 ウルトラライトの定義の10ポンド、約4.5kgって上級者からすると通過点なのかもしれませんが、私のような新参者だと越し抜かすほど軽く感じるんですよね。

で、納得の行くパッキングシミュレーションしたはずなのに、外に持ち出すと何故か重い。 食料や燃料を含むパックウェイトを図ってみたところ8kg弱。 これはなにか改善の余地はないかとここ数日考えていました。

飲水はもはや削りようがないわけで、削れるとしたら食事面。 今まではクッカーの素材や火器にばかり意識が行っていましたが、もう少し広い視野でシステム全体を見てみることにしました。

常温の食事を考慮外とするならば、もっとも効率のいい調理はコジーを利用したジップロック料理ですよね。 コジーの素材含めガチ感が出てしまう為、登山だけでなくキャンプ利用も考えているのでちょっと手を出しにくい感じがしていました。

そんな時、偶然ワンダーラストイクイップメントのスタンドコジーに出会いました。 名前の通り自立しやすく、また素材の選択肢が多い。 色も含めるとさらにバリエーションがありますが大きく分けて ・ダイニーマ(旧キューベンファイバー) ・タイベック ・X-PAC と3つの軽量素材から選ぶことができます。 軽量化をストイックに実行するならばダイニーマになるのでしょう。 しかし、私はX-PACをチョイス。

このコジーは構造上自立しやすいのでしょうが、更に生地のハリを追加したいなと。 そして何よりX-PACが好きなんですよね。 赤か白かは悩みましたが、食事に関する物なのでなるべく汚れが目立たない赤をチョイス。

ネットオーダーから到着まで10日ほど。 受注生産の中では比較的早いのではないでしょうか。 重箱の隅を突くとすれば、Webサイトの注文ステータスがずっと「処理中」となっていたこと。 プログラマ目線でいうと処理中≒受付段階で作成フェイズに入っていないように感じられ、そわそわしました。

到着後、まだアルファ米ぐらいしか作っていないのですが、暖かさが続くっていいですね。 そろそろ春になり温かさのありがたみが薄れますが、この安心感はすごい。 いい買い物でした。

いずれオリジナルのジップロック調理レシピなど公開できればなと目論んでいます。 それでは。

 

ヘリノックスと中華製パチノックスの比較【ポイントは使用頻度】

アウトドアチェアの大本命ヘリノックスのチェアワン。
軽量コンパクトで大人気のプロダクトです。
それに肖るように多数発売されている類似品。
偽物、、、なのでパチノックスなんて揶揄されていますが、本家にはない配色で魅力的な物もありますよね。 それになんといっても価格の安さ。多少の価格差なら本家を買い求める人が多いと思いますが、類似品は1/3以下の価格の物も。
これは揺らぐ。

そんなこんなでいわゆるパチノックスを3台も買い替え、現在はヘリノックス製を使用して私が正直なところを書きたいと思います。

f:id:KandaMorioka:20210226085252j:plain

目次

  1. 本家ヘリノックスとの比較
  2. 壊れる定番箇所は生地の接点
  3. 使用頻度が低いのであればパチノックスでも可。そうでなければ素直に本家がお勧め。

本家ヘリノックスとの比較

ネットの画像だと本家との差異がわかりにくいですよね。
実際に両方所有してきた経験からポール、収納サイズ、生地の3つの要素についてお伝えします。
(類似品は全て壊れ廃棄した為、画像はありません。すいません。)

ポールの太さ

本家ヘリノックスの親会社は3大ポールメーカーとして有名なDAC。
高級テントメーカーのヒルバーグはじめ、多くのテントで使用されています。
ヘリノックスもまたDACのポールを使っている為、品質は疑いようがありません。
それに引き換え、類似品は当然無名。
同等の対荷重に対応しようとすると、必然的に太い物を使用することとなります。 手持ちの物を比較したところ、ひと回りほど太かったです。

収納サイズ

組み立て構造はほぼ一緒ですが、上記のポールの太さからどうしても収納サイズが大きくなりがちです。
こちらもひと回りほど大きいことが多かったです。
オートキャンパーならあまり気にしなくていいことですが、バックパックキャンパーであれば見逃せない差かと思います。

生地の強度

計3台の類似品を所有しましたが、どれも生地の強度が低かったです。
生地自体が伸びてしまい購入時のような座り心地は維持できませんでした。

壊れる定番箇所は生地の接点

ポールに難ありと思いきや

上記の通り、ポールの品質に大きな差があることから、当初はこちらが最も破損しやすいポイントかと考えました。
しかし、類似品が健闘しており、ポールの破損が原因でチェアが壊れることはありませんでした。

生地の接点寿命

計3台の類似品は全て同じ理由で壊れました。
それが生地のポールとの接点の破れ。
どれも寿命はほぼ一緒で100日ほどの使用で破れてしまいました。
本家は同じ頻度で使用してもびくともしないことから、ここが本家との耐久性の差異です。
また、本家は仮に生地が破れてしまっても、交換用の生地が販売されています。

使用頻度が低いのであればパチノックスでも可。そうでなければ素直に本家がお勧め。

寿命が約100日というのをどう捉えるかは人それぞれだと思います。
年に数回しかキャンプをしないのであれば正直なところ類似品でも十分な気がします。
逆に毎週のようにキャンプに行ったり、また自宅でも使うようであれば素直に本家を買う事をお勧めします。

ウルトラライト入門-チタンクッカー導入-

万能なアルミパーソナルクッカー最高。
っと思っていましたが、、、
軽量化の一環でチタン製クッカーを集め始めました。

  1. チタン製クッカーの特徴
  2. チタンとアルミの重量比較
  3. 装備一覧

チタン製クッカーの特徴

端的に言うとお湯を沸かす用途だけなら軽くて最高。
ただ、アルミと比較して料理には不向きです。
もし調理をしたいようであれば、別途フライパンを用意するのが現実的でしょう。
その場合、重量のアドバンテージはなくなります。
ただ、煮炊きやレトルトで賄えるのであれば、食材、燃料含め大幅に軽量化が可能です。

素材 価格 軽さ 焼き物 炊飯
アルミ ×
チタン × × ×

チタンとアルミの重量比較

チタン、アルミで同一モデルを展開しているスノーピークのパーソナルクッカーを例に出します。
こちらは、鍋が大小2つ、それに対応したフタ兼フライパンが2つという構成です。

ブランド 製品 重量 価格
スノーピーク アルミパーソナルクッカー 485g 3800円(税別)
スノーピーク チタンパーソナルクッカー 330g 7900円(税別)

単純な重量比較ではチタン製の方が155g軽くなります。
ただ、上記で記述した通り、チタンは焼き物に向きません。
この差をどう捉えるかは人それぞれ。
フライパンを別途用意するのであれば、割り切ってクッカー側はフライパンとしての機能のないフタにすることもできます。
パッキングを意識すると、アイテム数を取るか、重量を取るかの違いだと思います。

私の選択

最低限のお湯を沸かすだけ!ということで、エバニューのチタンウルトラライトクッカー深型Sにしました。
軽量化を意識したモデルで上部はフライパンではなくフタ。
また、素材自体も極限まで薄くして軽量化を図っています。
スペックは下記の通り。

ナベサイズ:径9.4×深さ10.8cm/容量640ml
フタサイズ:深さ2cm 
素材:チタニウム(取っ手部シリコンチューブ)
質量:本体95g
目盛り付き・スタッフバッグ付き

f:id:KandaMorioka:20210221165522j:plain
直径がOD缶の110サイズに合わせて設計されており、ほぼ同サイズであるエバニュー製のアルコールストーブスタンドセットが収納可能。
上部に少し隙間があるので、画像のように折りたたみ式のカトラリーや追加の燃料をリンデンパウチに入れて収納することもできます。

f:id:KandaMorioka:20210221165505j:plain キッチン周りの装備の全体像はこんな感じ。
この他にユニフレームのコーヒーバネット、ポーレックスのコーヒーミルミニも追加予定。
意図としては用途別にスタッキングを意識しました。

f:id:KandaMorioka:20210221165551j:plain アルパインサーモボトルの上下のゴム及びコップは排除。
これで70gの削減が可能です。

f:id:KandaMorioka:20210221165537j:plain 排除したフタの部分にスノーピークのチタンシングルマグがシンデレラフィット。
ちょうど70gなので重量の足し引きはゼロ。

この装備で一泊のテスト運用をしてみましたが、想像以上に快適でした。
当面はこの一式で過ごすと思います。

ウルトラライトの入門ギア、カスケードワイルドのテーブルのレビュー

カスケードワイルドの軽量テーブルが気になる。今まで倍以上のサイズのテーブルを使っていたので、このサイズで収まるか不安。ULすぎない目線でこのテーブルの使用感が知りたい。

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  1. ウルトラライトの入門ギアとして最も手軽に導入できるモノの1つ
  2. 軽量ゆえ癖はあるが、使えないほどではない
  3. サイズに不安なら2つ買うことで連結可能
  4. ウルトラライトの足るを知る文化に触れることができ、軽量化のトリガーになる

この記事を書いている私は、バックパックキャンパー兼ハイカーとしてテント泊の際はベースウェイトで12~15kgぐらいのザックを背負っていました。
特に重いギアを選んでいた自覚はなく、なるべく軽量コンパクトな物を選んでいた「つもり」でした。

現在はULの基準である10ポンド、約4.5kgに収まっています。
より軽量化を進めた方からは「まだまだ」と思われるかもしれませんが、元の重量から考えると大きな前進です。
そのキッカケになったギアがカスケードワイルドのウルトラライトフォールディングテーブルでした。

存在自体は以前より知ってはいました。 ただ、チープな見た目とガチのUL用というイメージからなかなか手を出せずにおりました。
実際に使ってみると、「万能ではないが、意外と行けるかも?」と感じました。 そういうわけで「ガチ」すぎない目線でカスケードワイルドのウルトラライトフォールディングテーブルをレビューしたいと思います。

ウルトラライトの入門ギアとして最も手軽に導入できるモノの1つ

ウルトラライトのギアといって、何を思い浮かべるでしょうか。
フレームレスのバックパックや、最新生地を使用したモノポールシェルターなどではないでしょうか。 UL系ギアの多くに共通することは「高価」だけど「癖があって使いこなすのが難しい」ということです。
フレームレスのバックパックであるならば、クローズドセルのマットをフレームがわりに使ったり、パックウェイトを抑える必要があります。 また、モノポールシェルターの場合、結露の不安や対応するトレッキングポール を用意するといったことを意識する必要があるでしょう。
「使いこなすこと」ができるのであれば、これらは大幅な軽量化に寄与しますが、この「癖」を受け入れられるのかという点に関しては正直なところ、試してみなければわかりません。ただ、如何せん高価であるといったことから気軽に試せないということがハードルの高さとなっています。

税込み2000円を切る手軽さ

上記のギアならば何万円もするモノばかりですが、このテーブルは税別1700円。
ULの世界では100gの重量を削るのに100$掛かるなんて言われておりますが、カスケードワイルドはどうでしょうか。
f:id:KandaMorioka:20210223163934j:plain
画像は私の保有している定番どころのソロテーブルのサイズ比較です。
スペックに関しては下記の表に記載いたしました。

SOTOのフィールドホッパーと比較しても330g、だいたい缶ビール1本分ぐらいでしょうか。
アルミロールテーブルと比較すると635gと更なる軽量化を図れます。
逆にテーブルは嵩張るから持っていかないという猛者も1700円かつ65gという手軽さなら検討の余地は生まれるのではないでしょうか。< br>

メーカー プロダクト名 価格 重量
キャプテンスタッグ アルミロールテーブルコンパクト 3500円 700g
SOTO フィールドホッパー 4800円 395g
カスケードワイルド ウルトラライトフォールディングテーブル 1700円 65g

テーブルに不満があっても致命的な影響を受けない

ザックやテント、それにスリーピングアイテムなど、もしぶっつけ本番で試してみて合わなかった時、それぞれ致命的な影響があるでしょう。
ただ、今回のモノはテーブルです。せいぜい、「ちょっとストレス」を感じる程度。
まずはちょっとした置き換えから始めてみませんか。

軽量ゆえ癖はあるが、使えないほどではない

こればっかりは仕方ありません。どんな物も一長一短。
許容できるかはそれぞれの判断ですが、私の感じた事を書きます。

重い物を載せたときの不安定さ

構造上仕方がありませんが、不安定です。 だいたい500gほどの重量の物を載せると沈み込みます。

アルコールストーブを直置きで使ったら少し溶けた

f:id:KandaMorioka:20210223164023j:plain
非推奨ですが、アルコールストーブを直置きした際に少し溶けました。
上記の不安定さもありますし、非推奨。

サイズがどうしても狭い

f:id:KandaMorioka:20210223164011j:plain
画像はコーヒーを作ろうとしている際のテーブルの上。
右から
①エバニュー チタンウルトラライトクッカー深型S
②エバニュー チタンカップ400
③ポーレックス コーヒーミルミニ
たったこれだけでも机の上はいっぱいになります。

サイズに不安なら2つ買うことで連結可能

極論を言えばサイズに不安があれば思い切って2つ買ってしまえば良いのです。
それぐらいの手軽さがカスケードワイルドにはあります。
そして複数のテーブルはスナップボタンで結合可能です。
f:id:KandaMorioka:20210223163947j:plain
2つになったときのサイズはキャプテンスタッグのアルミロールテーブルとほぼ同等です。

複数連結のメリットはサイズだけでなく安定性の増加もあります。
軽量なプラダン素材ゆえ、どうしても不安定な側面があるのですが、複数連結、つまり支柱が増え安定感が増します。 日帰りやインスタントのみの日は一つ、ガッツリ調理したい日は2つなどその日のスタイルに合わせるのもアリです。

ウルトラライトの足るを知る文化に触れることができ、軽量化のトリガーになる

あれ、アフィリエイトブログっぽく書いてみたけど、アフィリエイト登録すらしてない。 こういう記事スタイルも楽しかったのでよしとします。

滋賀の無料キャンプ場、湖岸緑地支那1に行ってきた

久しぶりに滋賀の湖岸緑地公園支那1に行ってきました。
京都や大阪からもアクセスが良く、無料ということもあり人気の施設です。
ただ、ちょっとクセの強いキャンプ場でもあるため、注意点もあります。

場所

高速のICからは少し距離がありますが、比較的アクセスは良い方だと思います。
車で10分ほどの距離にスーパーやホームセンターもあるため、利便性も良いです。

駐車場

上記マップの通り、3箇所駐車場があります。
中央が広いものの、人気のため満車のケースが多いです。
一番空いている可能性があるのは北かと思いますが、収容台数は少なめ。
どの駐車場にせよ、場所取りができないため、設営後に買い出し等で出かけるのはお勧めできません。

トイレ

北と南は仮設、中央は建物(?)です。
公園にしては綺麗な方だと思いますが、あまり期待しない方が良いです。
また、トイレットペーパーは常備されているものの、利用者が多いため切れていることもあります。
念のため、持参することをお勧めします。

サイト

支那全体を通してですが、土質は表面は柔らかいものの地中に小石が多いので鍛造ペグを持参するのをお勧めします。
また、表面は芝生になっているものの、水捌けはあまり良くなく、雨天はぬかるみがちです。

f:id:KandaMorioka:20210221165722j:plain
こちらは中央のサイト。
大きなトイレと中央駐車場の側のため、一番人気。
芝生でわかりにくいですが、緩やかな斜面になっているので注意。

f:id:KandaMorioka:20210221165735j:plain
こちらは南。
過去数回訪れた経験としては、玄人感ある人たちは南駐車場近辺に設営している印象。
所々に木があり、ハンモック泊をされている方もいました。

北は写真撮り忘れです。。。
約半分は林間サイトのようになっています。

注意点①混雑具合

いくつかある湖岸緑地の中でも情報量が多く、一番人気の場所です。
人気とサイトの広さのわりに駐車場が狭いのが難点。
休日は満車必須です。
幸い、支那1以外にも近隣に無料施設があるため、選択肢の一つとして訪れるのをお勧めします。

注意点②強風

比叡下ろしの影響でとにかく風が強く、風向きもコロコロ変わります。
デイキャンプ利用の際もテントを建てる際はペグダウンに力を入れた方がいいです。
また、隣のサイトと距離が近い場合は焚火も控えた方が無難かと思います。
逆に隣が焚火しててテントに穴が~と言うのを避けるためにも、設営時は隣と距離をとった方が無難です。
正直なところ、私はここにいく際は焚火しない前提で訪れます。

注意点③客層

あまり言いたくはないですが、無料かつ人気の場所なのでいろんな方が集まります。
夜中が静かだった経験はほぼゼロ。
気にされる方はここはお勧めしません。
煩かったら耳栓するくらいの感覚でいた方がいいです。

この日の装備

f:id:KandaMorioka:20210221165706j:plain
せっかく風が強いところなので、最近新調した新幕の防風テストを行いました。
ファイントラックのツェルト2ロングです。
この日は風も強く不安もありましたが、ノーダメージ。
デフォルトでガイロープとペグの数が多いためか、ガイロープなしの自立式より安定していました。
また、翌朝ペグの抜け具合を確認しましたが、こちらも問題なし。
これならば登山でも使用できそう。

パッキングしたザックはこんな感じ。 f:id:KandaMorioka:20210221165650j:plain
焚火もしないと決めていたので、荷物が少なくベースウェイト4kg切りました。
とにかく楽。
キャンプで極端な軽量化は不要ですが、こういうスタイルも悪くないかも。

まとめ

っということで支那1でのキャンプでした。
ちょっとクセはあるものの、いい施設だと思います。
私的には混雑というのがネックですが、もし平日休みの仕事だったら毎週訪れていると思います。

登山①六甲山-ロックガーデン~有馬温泉ルート準備編

関西の低山ハイクの定番、六甲山にいってきました。
今回のエントリは準備編ということで装備について書きます。

目次

行動食

f:id:KandaMorioka:20210202192451j:plain
短時間の日帰りなので量は少な目。
コスパとタンパク質を重視しました。

飲み物

f:id:KandaMorioka:20210202192504j:plain
基本的に全て水(お湯)。
まだまだ水分の必要量が分かっていないので少し多め。

レインウェア

f:id:KandaMorioka:20210202192556j:plain
この日の降水確率は低かった為、非常用。
上半身はモンベルのストームクルーザー。
下半身はレイン、、、ではないですが、撥水性のあるトレッキングパンツ。
そして念のためのゲイター。
XPAC素材のザックを使用している為、ザックカバーは無し。

ザック

f:id:KandaMorioka:20210202192610j:plain
電車に乗り込んだところでパシャリ。
マウンテンハードウェアのスクランブラー25です。
雨予報ではなかったので、トップリッドは無し。
後から考えると、トップリッド無しでは防水性が無く、ザックカバーが必要でした。
反省。

1グラムの価値

以前より気になっていたプロダクトがモデルチェンジした。
どうやら1割ほど軽量化に成功したらしい。

急ぎではなない物だった為、軽量化された事は朗報だと思った。
ただ、同時に悩ましい問題も生まれた。
それは旧モデルのディスカウント。

旧モデルは新モデルと比較して50g重い。
その代わり、ディスカウント価格で9000円安いのだ。
限られたリソースの中でやりくりしている身としては見逃せない。
これは悩ましい。

50gの重量差に5000円の価値はあるのだろうか。 以前、サーモボトルの比較で10mlあたりの重量を指標とした。
これはハイカーズデポさんのクッカーの比較指標を真似た物で自分にとってはイメージしやすかった。
だが、今回のプロダクトで用途が違う為、適した指標が思い浮かばない。

また、以前読んだ記事では一定以上の軽量化を試みた際、100gあたり100$掛かるとのことだった。
今回の例で言えば50gで9000円。
決してコスパがいいとは言えないかもしれない。

どこまで軽量化に力を入れるか、何gを目標にするのか自分には明確な基準がない。
例えば最近流行りのミニマリストだとわかりやすい。
それは白物家電を持つか持たないか。
持たないという選択をとるとアドレスホッパーに近い生活ができると言ってもいい。
当然、冷蔵庫や洗濯機がない生活は非常に不便であると言える。
しかし、手軽に引っ越しができるというメリットは計り知れない。

それに引き換え、ウルトラライトはどうだろうか。
もちろん、軽量に越した事はない。
取捨選択を繰り返す中でリスクや道具選びの感性も研ぎ澄まされてくるはずだ。
ただ、一般的な定義の10ポンド、約4.5kgという数字に拘る利点はおそらくない。

ここで旧モデルを選び、浮いた金で別のギアの軽量化を図ることもできる。
おそらくそれが最もコスパのいい選択だろう。
だが、ケチった50gが後々の道具選びにまで派生し、重量以上の重石にならないか。

そんな事を考えていたら、1日が終わった。
暇か、私は。